9月2日に、日本小児科医会から以下の文が届きました。
小児科診療所の減収、やはり全国的にかなり深刻なようです。
日本小児科医会 神川会長たちが「小児科消滅阻止に向けた緊急要望」(添付)を持ち、各議員会館事務局を回ってくださいました。
皆様の地区でも、地元出身の議員の方に、この緊急要望へのご支援を賜りますよう行動お願いいたします。

静岡県小児科医会会長 三田智子
——————————————————————————————————————————————–

都道府県小児科医会会長・日本小児科医会役員 他関係 各医

■ 日本の小児地域医療を崩壊から守るための緊急要望

―小児科消滅阻止に向けた緊急要望―

本日(2020.9.2)、自見はなこ厚労政務官ご指導、自見議員事務所ご協力により

超党派成育基本法推進議員連盟議員二百数十人に神川会長、総務担当役員にて

添付ファイルを持参し現在の我々の状況、要望をご説明に各議員会館事務局に

ご説明にうかがいご支援・ご協力をお願いしてまいりました。ご確認お願いします。

関係各医の先生方、各小児科医会には地元出身の議員の方々に

さらに現在の小児科診療状況を重ねてお伝え願い緊急要望へのご支援を

賜りますよう行動お願いいたします。

政局が動いている今が我々の要望がお願いできる好機会のようです。

現在保護者の方々にも今回の要望実現に向けてご支援いただくようなアクションプランが

動いております事を加えてご報告させていただきます。

2020年9月2日

日本小児科医会

総務担当副会長 伊藤隆一

日本の小児地域医療を崩壊から守るための緊急要望 2020.9.2-1

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加