学校腎臓検診結果検討小委員会委員長の北山浩嗣先生(県立こども病院腎臓内科科長)より、
三田会長に、『学校検尿指針』の令和2 年3 月改訂の内容につき、会員のみなさまへの周知の依頼がありました。

添付ファイル一部抜粋
『腎炎を疑う場合は早期に腎生検可能な施設との連携を図ることを目的に、今回の変更となった。小児
腎臓病を専門とする医師が早期に関わることで腎生検を適切な時期に行い、子どもたちの腎臓を長期的
に守ることに繋げたい。』

とのことですので、添付のフローチャートをご確認ください。

また、このHPで、県小児科医会主催講演会→第36期 (2020年度)「夏の学術講演会」にて北山先生の今回の改訂に関するご講演を視聴することができます。

県医師会作成 「学校検尿指針」(R2年3月改訂版)について

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加