静岡県小児科医会・診療の質向上ワークショップ
「アレルギー疾患予防のためのアトピー性皮膚炎・乳児湿疹の治し方及び早期摂食の進め方」
浜松医大小児科助教 夏目 統 先生

【日時】: 2020年3月7日 (土曜日)
開場 15:00    開演 15:30 (18:30 終了予定)
【場所】: 静岡駅ビル パルシェ7階 第1・第2会議室
【対象】: 医師、看護師、その他医療関係者
チラシ(診療の質向上委員会作成)
チラシ(マルホ株式会社作成)
— 乳児湿疹を放っておくと、経皮感作によりアレルギー疾患のリスクが上がるのは知っているけど、お母さんに保湿剤とステロイド軟膏をわたしてもなかなか治らない。離乳食を早く始めると、経口免疫寛容が誘導されるって聞いたから、卵は少しずつ早めに食べてみましょう、と言ってもこわがってなかなか始めてくれない、困ったなあ・・・こんな悩みの解決法を夏目先生に教えていただきましょう —
第1部
【講演】
アレルギー疾患を予防するために、経皮感作を起こさせない、早期摂食を開始するという観点から、夏目先生に最新の知見をお話しいただきます。
第2部
【ケーススタディ&質疑応答】
夏目先生が、乳児湿疹、アトピー性皮膚炎のケースを数例提示し、外用療法のノウハウを教えて下さいます。ここで、みなさんの活発な質疑応答、意見交換をお願いします。
【申し込み方法】
①静岡県小児科医会ホームページ・各種申込みから
②事務局にTEL(080-4845-6680) またはFAX(054-333-5357)またはE-mail(shizuken@s-ped.com)
当日参加ももちろんOKです。
【事前質問】
事前に質問をお受け致します。
ホームページ・申し込みの備考欄にご記入いただくか、TEL、FAXまたはE-mailでお伝え下さい。
共催:静岡県小児科医会・マルホ株式会社
共催のマルホのMRさんからも案内があると思いますので、よろしくお願い致します。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加