5月14日多数の府県で緊急事態宣言の段階的解除対象となりました。
しかし、今後についてはまだ予断を許さない状況で、第2波・第3波の発生も心配されます。
保護者の小児科受診控えでMRワクチン他必要なワクチン接種率が落ちるなど重大な影響が出ており、当然日常の受診者数も大幅に減少し医業存続にもさまざまな問題を生じていると思われます。
子どもたちは3月から続く長期休校で生活リズムや心のバランスを崩しやすい状況におかれ、他方学校再開の兆しに不安定さを増す子もいると考えられます。

このような状況に対して自分たちに何かできることは無いかと考え、静岡県小児科医会では、予防接種協議会メンバーである静岡厚生病院の田中敏博先生が中心となって一般家庭向けの啓発チラシを作製しました。
転送拡散の制限はありません。患者様や家族の方にぜひ見ていただいてください。
先に送付したメーリングリストに添付したPDFと後援団体名が少し変わりました。こちらが完成版ですので、今後はこちらをお使いください。

coronawonorikoeyou2

イラストは「おこだでませんように」の石井聖岳さんが描いてくださいました
作成の経緯は以下をご覧下さい。

https://tomoso.or.jp/blog/covid-74/

新聞の一面広告として掲載していただくことを準備中です。
チラシの配布とともに資金提供(寄付)のご協力も募っております。
ご賛同いただけます方は、下記のフォームからお手続きをお願いいたします。
ご記入後に送信すると寄付の振込先が表示されます。

https://forms.gle/AdCEmYJR5e1zJHnd7

様々に大変な日々と存じますが、どうぞよろしくお願いいたします。

静岡県小児科医会 会長 三田智子

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加